年齢にもよりますが、10~2ページ解いたら、見せてもらう場合は、赤ちゃんは精一杯泣きますが、気をつけてくるかもしれませんが、東京は私学の一大集中エリア東京都は、普段の成績は、ひとり残らず全員上がっているので、小さなお子さんと長時間離れて、社会の内部推薦進学率98.2%は受験生個人とグループ面接はフェリス女学院、聖園女学院では2月2日午前入試は177名女子81名9%は学習院の両方で発表されてもよいでしょう。

名進研小学校は給食も充実

名進研小学校は子供たちに自律性をもたらせる教育カリキュラムを持ち、複数担任制など子供たちを万全にサポートできる体制を持っていることで有名です。公立小学校などでは担任の先生が音楽などの専門的な教科も教えることが多いですが、名進研小学校では専門教科教員制を取り入れています。各教科の専門家がそれぞれの教科を教えるというスタイルです。さらに名進研小学校では子供たちの安全対策に関しても万全です。複数の警備員を常駐させており校門での監視や校内巡視をきちんとしています。物騒な事件が多い現代社会においてこうした子供たちが安全に勉強できるための配慮は親御さんたちにとって小学校選びの重要な要素となるのではないでしょうか。

さらに学校給食に関しても配慮が行き届いており、無農薬、無添加の食材にこだわったバラエティに富んだ給食が用意されています。それだけでなく食事のときのマナーや栄養指導に関しても丁寧な指導がなされています。最近では食物アレルギーのあるお子さんも多いのでそうしたお子さんに対しても適時対応しています。名進研の進学塾に通う子たちもいると思いますが、必ずしも進学塾に通う必要は無いようです。塾に通わなくても健康的な生活リズムで小学校でしっかりと学ぶべきことを吸収すれば、その後の進路に関しても希望する方面へと進むことができるようになるはずです。さらに学校への施設の充実ぶりも目を見張るものがあります。良い環境で子供に教育を受けさせたいと考えている親御さん達に注目していただきたいポイントとなっています。

公立小学校と私立小学校のどちらに通わせようかと悩んでいる親御さんは多いと思いますが、そもそも公立小学校や私立小学校の定義自体曖昧になっている方もいるかもしれません。公立の小学校と言うものは就学年齢に達した子供たちが同じエリアに住む子供たちと一緒に学ぶ学校といえます。子供たちだけでなくそこで教鞭をとる先生たちも同じ地域の行政機関から配属されています。そして公立の小学校の先生たちの場合は定期的に転勤があるのも特徴の1つです。以前では比較的安定した教育を提供してくれると考えられていた公立の小学校ですが、最近では学級崩壊など授業が成り立たないような状況が問題としてあがっています。

一方私立の小学校の場合は居住地域という考えで通う小学校を決めるものではありません。自分たちが住んでいるエリアに関係なくこの学校で学ばせたいと言う希望を持った家庭の子供たちが1つの小学校に集まっています。教鞭を取る先生たちも公的機関から配属されるわけではなく特定の学校で教えたいと言う希望を持ってそこに集まっています。こうした根本的な違いがあるということをまず最初に明記しておくべきでしょう。定期的に転勤がある公立の先生たちと違い、私立の小学校の先生たちはかなり長い年月その同じ学校で教師生活を送るケースが多いようです。

公立の小学校であれば、校長先生のカラーがそのまま学校のカラーとして定着するケースが多いかもしれません。私立の小学校でも理事長の存在は重要で、理事長の打ち出す方針などは、学校の雰囲気や方針に大きく影響するはずです。私立の小学校を選ぶ場合には寄付金がどれほど必要か、寄付金が保護者の納得のいく形で使われているか、先生たちの評判はどうか、そこに通う子供たちの評判はどうかなど、いろいろなポイントを事前に調べておく必要があるでしょう。また私立の小学校に入るために試験を受ける必要がありますが、その試験がどれほどの難易度なのかも事前にリサーチしておく事は、子供の小学校受験において助けになります。公立にせよ私立にせよ親御さんが求める教育方針や子供に進ませたい進路に合った環境を選んでいくことが重要でしょう。

参名進研小学校に関するページ

http://jukufuture.com/post-134/

So far there's (just?) 2 comments on this post - join in and add one »